Text Size : A A A
Img_ad0cb21987102fedd2a9ad6510715aeb
Img_60d5fb5ef9fb78e9d25dc217d2c7373a
Img_759eba16c96bb28dc13ec3217d9d44f3
今年の夏の旅は山陰へ

最初の目的地は「因州・中井窯」
黒と青の染分けの角皿を買った
Img_09d252128e68a8b0ec9210469b9f6d3a
Img_8b6361bda9353998c269bece82d57787
Img_549db6153d7ab60e103e50d774021977
Img_b67d3bd09b45f88588bc99c6b67fa7a7
鳥取の銘店「たくみ割烹」へ

隣の工芸店を見ている間に
2階の個室を用意してもらえた

鳥取の器で供される料理
飾らない接客と
白いご飯が美味しくて感動
Img_7494cd5f7db2cf5f582e468d772e8dba
Img_dc937ec955cf81d32db4a751057e9826
白亜の洋館「仁風閣」
旧鳥取藩主池田家の別邸

建物を吹き抜ける風は
使い込まれた家具のかすかな匂い
Img_938c8f7816f62124fd7a684ccae971ee
Img_bc72f694f56c0b30667f8515158cad3b
「仁風閣」を訪れた感想を
アンケートに記入するフヅキ

近所のラーメン屋なんかでも
よく書いてるね
Img_7916a0fe421206749db695d2898a812a
Img_13b67586cf0231a668b7d577da190c91
日本100名城のひとつ鳥取城へ

今日の鳥取市の気温は38.1度
翌日の新聞を見ると
日本で2番目の暑さだったとか
Img_85b2d7a59bcf523c46eac45f58f11346
Img_29391539dd1a213a1ff994a262a9d42a
Img_aaac7a0d95eabd66fbf624e51f1d5aea
Img_842a508b15d843c35012440ae7962995
鳥取砂丘

ここが天竺なのかい?
Img_decceba9f35fe06152e6dfde489c4cc5
Img_7cd7929cb9a708a1e3242253a8b2124b
Img_f6f71673321ca8186dcb4280b846932d
Img_e865526d6767a40bc1d7a67ed7a0065c
Img_4305fa7b3f846b2ab65edbb9be4b0d76
Img_aa5011151c08b9209d4483bdebbf4060
ホピがいなくても
5時半に目が覚めたから
鳥取駅周辺を散歩してみた

初日の宿は「Y Pub & Hostel TOTTORI」

昨日の晩御飯は1階のパブで
ポテトフライがおいしかった
Img_c68fc6ec3cd01bebf04f57b126282089
Img_a2ef335148466a09175f080c5dc751fa
Img_1c0e41c437cce9214a5da2aa05ba37f6
Img_1b456b9f077710baa7f5ba7738f518eb
朝食はパブのカウンターで
500円のセットメニュー

地元紙を読んでみるカンタ
Img_de9d8ef1a8a7a7d3e4ad83482975c45e
リオ五輪も盛り上がってるから

競泳で鍛え上げたことにした
ヨシミの上腕
Img_26396acad48b94200d96dd9d8472c428
Img_a15f2176571f5b4465290a7d80648576
「おそよう」フヅキ

いつものように少し遅めの朝食
Img_7f10a456fae4833bcf871411dec5c0cd
「Y」スタッフの後押しで
行くことに決まった「三徳山・投入堂」

入山は登山の装備が必須
チャコのサンダルは門前払い

「ビブラムソールと言うもので…」
なんて説明も聞き入れてもらえそうにない

三徳山公認の和製スポーツサンダルに


Img_39cb7eeac5e108058c15d1cf97746469
Img_bd264a2f1def751c05e14263adea9928
Img_904eaf36cceb2d4957f784551c83c7c5
カンタのバッシュもNG
フヅキのニューバランスは
ソールの形状を考慮して許可

「命がけのアスレチックですから」
受付での忠告に緊張する3人
Img_c959ea35810094f71b20fe97b96f64a2
フヅキのテノールに
やまびこが応える
Img_9aecd96da9976638a79f576806ccb63d
鎖にしがみついて岩を登り
馬の背のような尾根も歩いた

カンタを励まし、フヅキを勇気づけ
その先に現れた投入堂
Img_3b4ceb019a2691ed8f15c1262a09c440
今日の宿は「Y」と同じオーナーが運営する
ゲストハウス「たみ」

「たみでの思い出の記録を、写真以外の方法で、心に残して」
との願いから、館内の写真撮影は禁止

松崎駅前から東郷池への散歩
気になっていたカフェ「HAKUSEN」は17:30閉店
帰り道、小さな酒屋で缶ビールを買った
Img_b75c6d34b0a9816bf4b2daf3f913a75c
Img_26b526b3751f717b853e5990186c9b5d
映画のような突然の激しい雨も
シーンが変わったように上がる

「何かをはじめたい人は
ここ(たみ)を訪れるといい」

ヨシミの呟きに僕は共感した
Img_7653d733a0880943e00a91c7bddbc5fc
大山に向かうなら…と
「たみ」のオーナーが教えてくれた
うどん屋「醍醐」

新しい寝台特急「瑞風」の備品に
中井窯の器が選ばれたという記事
Img_902ff3c24db4302d719799ab0dae139e
テントの設営を終えた後
大山の見える牧場へ

おいしいソフトクリームを食べて
晩御飯のための
ソーセージとチーズを買った
Img_8c40ca5dbb296de63d9beb9aa7c633e9
サイトに戻って晩御飯前のひと時

今回のキャンプのために試作した
エクステンション・テーブル
りんご箱の中に道具もテーブルも収納
Img_ce84c9d9904a0db363bf32cec991eeb7
鳥取産のイカのおつまみ

早生の二十世紀梨

「よしパン」のミニバケット
「たみ」のオーナーが教えてくれた
Img_79c411612b47d5733022ed759e10939d
縁があって父の知人から
譲り受けた車

随分と傷が増えたけど
我が家の車として馴染んできたかな
Img_60f07a13e28d19f30de2e67a17d434c8
Img_fa9a85154d831129addf9f5b659bb57f
Img_1d841c1b2418604b3467a42dc1ee9290
Img_8bc187c70c76cb2d1e30f110aa5669f0
Img_5184b9b437c5f8066c826c904be059a6
Img_9e44f7959e1d212a183427c2f18e0b80
トランジスタラジオから
いつものクラシックの番組

6:55の天気予報
鳥取地方「晴れ」
Img_1d2275bc2a8933dea6612823d7edd3f7
Img_d80bf318d77b94ce0238ea414485af35
絵に描いたようなソーセージ

なかなか起きないフヅキ

ホピの代わりのセイウチ
Img_db0eb95c7749da2a3ea3414f4bd33ca8
キャンプ場のすぐ近く
天然酵母のベーカリー「小さじいち」

11:00のオープンと同時に
飛ぶように売れていくパン

クーラーボックスもあるから
ホピのお土産に食パンを買った
Img_b3b8272f54b8a00b9a28aee8f46aa288
Img_fb9d36adba29f167d7714deb93c3ac05
Img_5c33dd77a5e46a59d95579d3dfd0e8d3

Img_966830fdb26e822020f24e4d4af4a390
「植田正治写真美術館」

「植田調」の演出写真を
撮ってみたくなる小道具が
Img_c8fc2c3828a6badf90951893a6bde960
美術館の近くでピクニック
誰もいないゲートボール場

ここから見える大山が1番きれいだった

次の目的地は境港
Img_fedbc898d04ec8a6a478d92da7d4c561
Img_a1e4ed56cb44627ebaea511a05d50e7e
Img_edd973e76076489a3cbb9e8c9e45e8ef
Img_58b015d078b5f07823b9d1b6d51f31d8
境港に到着

ホテルにチェックインしてから
鬼太郎ロードを歩く
Img_eeb0117f5e69ec92f7ff33d990479cc6
Img_7093e9c01aa0b0fc0e9ec1a5071e847d
通りに点在する妖怪たちのオブジェ

その全部見ることにこだわり
(ヨシミとカンタは断念)
気に入ったものは撮影するよう
フヅキからの指示があった

ナツノアツサニモ
タビノツカレニモマケズ…
Img_e390b2c898ed4f78de24a44a01dd89c5
Img_7b856e7362c5a547c28b3b83a1ad6f83
Img_f768d44e103375080f16c05b2beb65e0
日本100名城「松江城」

堅牢な石垣
城の配置を見ながら
マインクラフトでの建築を構想
Img_bb7878420ba406f341629ba0a18aecd9
Img_c7f6c37fdd303a5409805b79beb4ddd8
「まつえ若武者隊」の隊長

11:00の出陣を前に
「列の最後の少年たちまでは…」と
撮影を許してくれた
Img_a4b245497e810288a5d502b6b47f8160
Img_a99170a0713996dcd55a1f87d1e53ef2
Img_c29010ed41275cd168b2992c2ab5b0b3
旅を振り返るように

遠くに大山が見えた
Img_d08e424c28632d952b7430373d0ce24b
Img_2f58500931f94ef5a9c2287224d94695
松江城のすぐ近く
ヨシミが気になっていた喫茶「MG」

駐車場はどこか尋ねたら
元気のいいお母さんが飛び出してきた

店内は気になるポスターや写真がいっぱい
佐野史郎さんが高校生の時に通ってたとか
Img_a84b9f1869e10bb9be2b33621936f7f0
Img_55993d7ce7a90cc85521b0a9a7ef7ece
喫茶「MG」に大満足

旅の最後の目的地
出雲へ
Img_dce891665d1ba030adb2a799920c059f
Img_92a85c3a45bd5c5751de1dd65a117147
出雲大社のすぐ近くの旅館「日の出館」
今回の旅の最後の宿

部屋には懐かしい冷蔵庫
250mlのジュースと瓶ビール
お土産の食パンもすぐに馴染んだ
Img_553a7f0b26827c00920b7f0fad246bee
夕食は赤い絨毯の大広間で
おばあちゃんの仲居さんが給仕してくれた

「たぶんこれしかないだろうなと思った」
って小声で言いながらオレンジジュースを飲んで
「お子様用」に用意されたハンバーグに
半分だけ手をつけたカンタ
Img_ccd814ab9246a301449ad5b4e8f439df
「便利」の反対は「ふつう」なのに
それを「不便」だと錯覚したり

日本の(世界の)どこにいても
同じ感覚で過ごせると思い込むことなく

ずっと旅をしてほしい
Img_fa0a0c963a194a563a4d64667fba35b2
Img_33aa30379a0a12b50227ee09516b3adb
今回の旅の目的のひとつ

出雲大社の早朝参拝
Img_ad3d86e585cd556c4c8f6e3d5b6e790a
Img_04f6fe95d9207562e34093842b0d700f
Img_040841a78b2a68407d072b028df9e841
出雲大社「庁の舎」(旧社務所)

菊竹清訓によるモダニズム建築
Img_8b339b5df921b5f7bfc64f15feafddb3
Img_cea19a03045c5341f89b601c928de9a2
「出雲民藝館」

今回の旅で見てきたものを
振り返るような時間

センスが良い館内のショップは
松江で立ち寄った器屋「objects」の監修
Img_3a238a653b0141117eaa8170f7817e00
Img_ab57bb77875874b249ad2d47d11d4fc8
「出西窯」(しゅっさいがま)
今回の旅の最後の目的地

何年か前、松本の「ちきりや工芸店」で
カンタ、フヅキのご飯茶碗を買って以来
我が家の定番になった器

若い職人さんたちが元気に働き
仕事場も自由に見せてくれた
Img_db82cfb53eff5c81e491f65774d91bf8
Img_13192b434d7bcea36aee474b69cb6a5d
Img_482e98e4e8282ba4a8d532b12bc2967b
お土産の器を包んでもらう間

セルフサービスのコーヒーを飲んだ
出西窯のカップを好きなように使える

選んだカップは
4人それぞれに似合ってた
Img_0ec4b952ca7f8de6971ad822e84da250
島根から離れていく前に
立ち寄った小さなサービスエリア

フヅキは松江城のキーホルダーを買った
いぶし銀の金属のプレート
聞けば「これを買うと決めていた」とか

カンタは勾玉風のキーホルダー
床に座り込んで選んでいる
「それは他のお店でも買えそうだよ」
なんて言うのはやめて
赤がいいか、黒がいいかと一緒に悩んだ

愛おしい時間
Img_160ddcc2b7c391c62e5d8e1349f09774
Img_a594ed4a70b6abd0f7df7ec50d5e2730
Img_74aced901425d897416fdf3ea352ea67
Img_6de489d334773d13d3311b6af154c1b0
名古屋に戻った翌朝
朝一番にホピを迎えにいった

家に戻って朝ごはん
お土産の食パンに大喜び
Img_8a0a4f26253dc8fdd4bd0c91739034b6
Img_1209629ded9485891f64bf61436fe5ff
岩井窯(鳥取)の土鍋
松江の「objects」で見つけた

湯豆腐でデビューしたら
サラダやパスタ、何にでも使いたい
Img_4ab20de0d25aeb013db8d22d70a68c49
出西窯(島根)のボウル

我が家の定番の飴色
ホピ用のつもりで買ってきた

ひと回り大きいサイズを
東京の友人に
Img_e97c8bfd7e56bb1448ca5cc440f24131
実家でのお盆

膝の上に座らせるには
もう大き過ぎるカンタ
Img_87720a16df740e600b45539f3194b4dc
Img_73ce71f35e1d0ca3339999a0491266a3
続・実家でのお盆

ホピも一緒に帰省できるようになった
Img_465857277a47ff4fe5dc508252bfef27
カンタの宿題の自由研究

僕の提案は「赤ちゃんの1日」

母子ともに研究に協力的
Img_fb67b51afece5eeca407682a628961ea
工作の宿題の手抜き具合を
自分で反省して

家庭科の宿題で巻き返しを
ハーブで香る鍋敷きは
ヨシミの監修
Img_7ee540a3a6f92f0998b3354494c14dae
おばあ(ヨシミの祖母)に会いに行った

いつものように、小さな売店で
僕ら4人に好きなものを買ってくれる
Img_ad1e632a21bec80150daf51b1e831243
ところで夏休みよ

もう一度僕のところへ

戻ってきてはくれないかい