Text Size : A A A
Img_8ae03226a5175d24fd636f51dc626248b6062fbe
ホワイトデー。

ワタシが、出かけている間に、
男3人で、クッキーを焼いてくれました。

Img_0e7ab0881025785f4721d4467b0964dde4dd3557
Img_49b00fc8b554043ff5f2a9a98f9a5412bf03fb5f
「ナシとリンゴはかわいいから、お母さんにあげよう。」
カンタが、ちょっぴり照れくさそうに、
さっき焼いたばかりのクッキーを、6つ、
渡してくれた。

特別、オーバーな喜び方もできない、
不器用なワタシ、
そのあとで、こっそりと、
黒い車のをひとつ、いただきました。
Img_0fec83b060cef4f7af94ccc18dd93a02e1e5eb44
ワタシの家族は、皆、無事です。
All my families are OK.

どうか、被災地域で苦しんでいる人たちに、祈りをささげてください。
Please pray for suffering people in stricken areas.

できるだけ早く、彼らに「日常」が戻ることを願っています。
I hope "daily life" return to them as soon as possible.

**

自分にできることってなんだろうって、ずっと、考えていました。
ほんの少しのことでも、自分にでもできること。
ワタシは、「晴れときどき、ハル」のハマダさんの試み、
「Please Donate For Japan Earthquake」に、心から賛同します。

(以下は、ハマダさんの呼びかけからの引用となります。)

**

「Please Donate For Japan Earthquake」

Flickr有志で協力して全世界からの義援金寄付を呼びかけています。
写真にタイトルを入れ(入れなくてもいいので)、本文に寄付先のリンクを掲載して寄付を呼びかけるのです。
Flickrユーザーの方、この試みに賛同してもらえませんか。

もちろんこの試みは、Flickrユーザーでなくとも、それぞれが、ブログやTwitter、Facebookというような場ででもできることです。
また海外の方だけに頼るのではなく、まずは自分自身が日本人として義援金を寄付することができるでしょう。
これはその上での写真を通した試みです。

スピード優先ではじめたことです。もっとこうすればいいという意見があればぜひください。
みなさんの写真の力があればきっと世界の人たちも何かを感じ行動を起こしてくれるはずです。

よろしくお願いします。

2011年3月13日 濱田英明(hideaki hamada)

要旨
Flickr Group
連日、地震関連のニュースが続いています。

家族や友人、大切な人を失ってしまった人、
離ればなれになり、不安でさびしい思いをしている人、
そして、避難所では、こんなに長生きするんじゃなかったと嘆くお年寄り…
日本中に、世界中に広がる救援の輪。
忍耐、気遣い、思いやり、勇気、秩序…
世界が賞賛した、すばらしい日本人の国民性。

ただただ、涙がでるのです。

だけど、こんなときだからこそ、
ワタシは、しっかりしなきゃ。
目の前にある、この日常を、大切にしなきゃ。
ムスコたちに、お腹いっぱい、ご飯を食べさせなきゃ。
そして、ワタシにでもできることなら、行動しよう。
この、すばらしい日本を、ちゃんと残さないと。

義援金・募金・寄付できるサイトがこちらにまとめられています。
できることなら、今すぐにでも現地にかけつけたい、必要な物資を送りたい、
そんな気持ちでいっぱいの人は、多いと思います。
しかし、時として、個人的なボランティアや、物資の寄付は、迷惑にもなるそうです。
少々クールな言い方ですが、確実なのは金を出すことだそうです。
yahooポイントや、Tポイントなどの、ポイントを使ってできる募金もあります。
ワタシも、ポイントを使った募金を、はじめてしました。
正直なところ、財布から現金をだすことより、ずっと、簡単でした。

無理せず、自分に、できることから…

「腹が減っては戦ができぬ」
被災地の方々が、まずは、お腹いっぱい、ご飯が食べられますように。
Img_cfbd43ef7dc9786668faa97dab9138584a619824
ワタシは、この試みに、微力ながら賛同させていただいています。
Please Donate For Japan Earthquake
思いのつまった、すてきな写真ばかりです。
Img_dee16c1f53218e34d1cb53256abca9116cc8b381
昨夜、名古屋でも、震度3の地震がありました。
たった、震度3の揺れでも、
こわくて、動けなくて…
とっさには、何もできないんだってことを、実感しました。

何も知らず、ベッドで眠っている、ムスコたち。
ワタシは、この子たちを守れるのかな。
守らなきゃ。

*

津波から90時間以上も経って救出された、おばあちゃんと若い男性。
救援物資として届けられた菓子パンを、うれしそうにほおばるおじいちゃん。
避難所での生活を、トイレ掃除や皿洗いで、支えている、高校生たち。
静かに、でも、力づよく、復興へ向けて、動き出す人たち。

こちらが励ますどころか、
感動を、勇気を、
日本人の誇りを、たくましさを、
たくさんの大切なことを、
彼らから、教えてもらっています。

道は続く。

ゆっくりだって、時には、つまづいたって、
しっかり、前を向いて、
しっかり、地を踏みしめて、
すすんでいってほしい。
すすんでいこう。

がんばろう、日本!
Img_a2db4d1ae246bd90cfa4e05ac86e0837856755d2
Img_2f69d29c9c092d776b12aae106725c1505f406ae
Img_171417bd02f9117789175b9c709219fd57f55c56
今日は、
ケイスケの誕生日で、
おばあちゃんの命日で、
ワタシが大学を卒業した日。

3・2・1

語呂がいいから、忘れないんだ。
Img_1beb3a1d554e2b2f76cb96874b57a8739988c6b6
Smile though your heart is aching.
Smile even though it's breaking.
When there are clouds in the sky,
you'll get by...

*

笑って、心が痛くても。
笑って、たとえ心が打ちひしがれていても。
空に雲がかかっていても、
キミならなんとかやっていけるさ。

wasabiの民さんが、
プチで紹介していた、JR九州のCM。
心がじーんとあつくなる、本当にステキなCMです。

「あの日、ひとつになってくれて、ありがとう。」

思いがひとつになるチカラ。
被災地にも届け。
Img_b63b4ac0eb6a11c3be61b50e552f8b2a8f019911
なんだかんだと、理由をつけては、
ずっと、買ってやらなかった、こういう、靴。

親の好みと、子どもの好みの間で、
こういう、せめぎあいって、ずっと、ある。

思えば、自分にだってあったしね。
母には買ってもらえないものを、
いつも、おばあにおねだりしてたっけ。

「新学期だから靴でも買ってやれ」って、
おばあがくれたお金だったから、
今回は、カンタに選ばせることにした。

「瞬足じゃなくて、バネのチカラがいい。」
「このマークがかっこいい。」
「きいろはいやだから、赤にしよう。」
「赤は、ヒーローの色でしょ。」

5歳といえども、一丁前に、
あれこれ、考えながら、選ぶんだ。

…大きくなったね。
足のサイズだけじゃないね。
Img_8411e1fe04170926d93d362ffe916f939e150b5a
フヅキ、3歳8ヵ月にして、ようやく、血液型が判明。
思ったとおりの、B型。

B型男子、3人と暮らしてるってわけね、ワタシ。

Img_451456235428e60b0e795559190bdd6bcb570641
建物や設備のことなんかを、扱う部署にかわってから、
不要になったものを、あれこれ、持ってかえってくる、夫。

椅子、ラジカセ、大量のニューヨークタイムズ…
そして、美術室にあったという、石膏像。

Img_d1e95bba395bcaa74ac849493a2658c7b1e1a897
B型、だからね…