Text Size : A A A
Img_071b17787898c92ee0411a1740f651440e978bb3
10年間、変わらないもの。

DEAN & DELUCAのマグカップ。

それから、朝食には、カフェオレ。
ってこと。

*

fotografias、更新しました。
Img_64b06294d8350633719658a4d1fd4ad66ce6192b
ご無礼しました。

ワタシのおばあは、お風呂からでると、必ずこう言っていた。

よほど、気にいっていたのか、
おばあは、絶対に、バブを切らさなかった。

今は、買い物に行くことも、家のお風呂に入ることも、出来ないけれど。

森の香り。
なんだか、なつかしいにおい。


これ、昨日の運動会の戦利品。
Img_d29239e93a68b2e9c4efe07d4fad37795bc4fbe4
幼稚園の入園面接。

「イトウフヅキです。」

ちゃんと、言えたね。
ちょっと、たよりない声だったけれど。


ずいぶん、成長したもんだ。
この子も。
それから、ワタシも。

2年前、カンタを連れて、同じ、この場所にいた。
そのときの、ワタシの様ったら…
Img_ed8d71b4a5aa94d4e9947477e31fabdd874f6dec

目の前に舞い降りた
小鳥のしぐさを

見つめていたのは
たおれたひまわり


どこへも行けない
野生のひまわり

明るい太陽が
サヨナラって笑ってる


死にたくなるほど
おまえが好きだから
どうすればいいのか
わからなくなって

死にたくなるほど
おまえが好きだから
どうすればいいのか
わからなくなって


太陽が笑ってる
何も言わずに


lyrics & music : 浅井健一


このひまわりをみつけたとき、
「ひまわり」が頭の中を流れていた。

頭の中で「ひまわり」が流れていたとき、
このひまわりをみつけたのだったかもしれない。

*

まるで、1本の映画を観るような、
そんな、ベンジーの曲が、

どこかにありそうで、
どこにもなさそうな、
そんな、ベンジーの世界が、

ワタシは、好き。
Img_2dbc1664b640f76f48d2a3f70f23057eb1c245b1
フヅキ、はじめての運動会。


みんなと一緒に、うたったり、おどったり、
そんな、いかにも、こどもらしいことも、
フヅキはちょっと苦手なんだっていうことは、
先生から、聞いていた。

『おどるポンポコリン』の、軽快な音楽が流れる中、
浮かない顔をして、じっと、その場に立っていた。
それでも、手に持った、ポンポンは、少しだけ、振っていた。


はりきって、スタートしたかけっこ、
周りの子たちの勢いにおされ、
スタート直後に、転んでしまった。
先生に手をひかれ、泣きながらのゴール。
びりっけつ、だった。


パン取り競争、
取ろうとしたパンも、
他の子が手を伸ばすと、そっと、手をひいてしまう。
最後には、とうとう、取るパンがなくなってしまった。


そんな、フヅキのことが、心配だという、ワタシ。
なんか、それ、わかる気がするっていう、夫。


ワタシとは、全然ちがう。
でも、とても、愛おしい。
Img_b5d74a15e53b9e1dc4853dd1e2950e537a031129
「スタンド・バイ・ミー」って映画を観たのは、
もう、20年ぐらい前のこと。

その内容は、もう、はっきりとは思いだせない。
けれど、「スタンド・バイ・ミー」と聞いて、
なんとなく、思い浮かぶ、風景っていうのは、ある。



カンタとフヅキ。
まだ、少年というにも、少し早い、
このふたりには、
この先、どんな、冒険が待っているんだろう。
ワクワクするような冒険かもしれないし、
困難なものかもしれない。

でも、その傍らには、いつも、
友が、仲間が、兄が、弟が、
いてくれたらいいと思う。



この映画、
「人生において二度観る映画」
と、称されているんだって。
一度目は少年時代、二度目は大人になってから。

20年ぶりに、観てみようかな。
未来の少年たちと。
Img_74391fb6c94420ff9132f81471dd7438ec83a3f0
運動会シーズン、真っただ中。

ワタシも、走ってます。

プチ部リレー日記、
93番目の走者として。
何度も、つまづきながら。
たくさんの、声援をいただきながら。

(ライムの絵をクリックです。)
Img_c207ec52c12f4bec6b2bb1b032a9a726a588313e
夫が、大阪から帰ってきた。
くいだおれさん、片手に。

Img_47578d3c073c552cea465c503972ecb83cd63fd0
で、やっぱり、これは、
やっちゃうわけだ。

Img_e7bc820486abdc492841c34b002744c30f1dcedc
うひ。
Img_59f1f271be2592e9b787716e174f60d83b3b62b4
まだ、ふたりだったころの、冬支度といえば、
この、アラジンストーブ。

コイツが登場すると、いよいよ冬がやってくる、
そう、思ったものだ。

*

結婚して間もないころ、
ワタシは、味噌汁の作り方も、ろくに知らなくて、
アラジンの上でぐつぐつ、ぐつぐつと、煮込んでいた。
何時間も。

ま、味噌煮込みとか、味噌おでんの文化で育ったのだから、
というのは、いいわけ。

その日、たまたま遊びにきた、友人3人、
それも、独身のオトコ3人から、
ただしい味噌汁の作り方、を教えてもらうことになろうとは…

*

アラジン、
今年は、だしてみようかな。
Img_6720b6a20d4c90177ff2709e82682ae36dcbbe66
最近、
ここで、こうしている姿ばかりを、
見る気がする。

あまり、出不精な母はいけませんね…
Img_b30ac86409969e26b940ea327cbaaa31ad7629f5
Img_4e0632e5d6abf14771a69321b0e565e78f0e8154
かつての、キャンプ仲間と、
久しぶりのキャンプは、
ティピーのある、ステキなキャンプ場で。

それぞれが家族をもち、
いつしか、主役はこどもたちに。

Img_d65df7b5b033565b9774345a4d7f5b830581dfd8
Img_5b7a362afc0da7aaaa7859b0caadd64708110b66
皇太子とか、中国人とか、昭和生まれとか。
たくさんの肩書きをもつ、フーコちゃん。
なんだか、ほっておけない、キュートな女の子です。

Img_cffd89e40f1e747390f82768dbf96903202dc3ec
となりのちびっこに、
フランクフルトやホタテバターを、
見せびらかされようとも、
我らは、ゆっくり、じっくり、スローフード。
チリコンカン風豆のシチュー&トルティーヤ。

となりのバーベキューのにおいに、
おなかを空かせながら…

Img_953a7d6ffe2328da1baec282a8b9760bcbe2382c
Img_0e6468ce7b88b088556b2a44ad916543e577af35
予報どおりの雨。
ティピーで、雨宿り。
コーヒータイム。

今度は、忘年会キャンプしよう!
ってことで、本日は終了。
Img_ace7efc35f50e8c6c6f46d2239b81fbb0fe22311
写真をおくった友人が、とても喜んでくれて、
それで、ワタシも、とてもうれしくなった。

*

未来に目を向けてみても、
先の見えない、どこまで続いているかもわからない、
細い道が、ただあるだけで、
自分の平凡さと、可能性の貧しさに、
ときどき、どうしようもなく、
焦ってみたり、迷ってみたり、諦めてみたり…

*

でも、ワタシは、こうやって、
写真を撮っていればいいじゃん、って、
そう、思った。

友人が喜んでくれたから。
Img_0e85b9db4614411b8186b16b5a3f22eafa126ea3
トップページを変更しました。

まったくもって、
デザインの術をもたないワタシなので、
ムスコが描いてくれた、太陽と月のイラスト、
そのまんま、スキャン、スキャン。
なんとも、原始的です…

カンタとの、共同制作。
うん、いいじゃん。

「つ」がひっくりかえっているのは、愛嬌、ってことで。

*

そして、もうひとつのおしらせ。
fotografias pequenasを改め、
fotografias 365としました。
365というからには、そう、毎日ってことです。
そろそろ、3年物になろうかという携帯で、
日々のちょっとした出来事を、記録していこうと思います。

三日坊主のワタシ。
いつまでつづく…

*

あらためまして、
「たいようとつきのにっき」
よろしくお願いします。