Text Size : A A A
Img20100101072931
新年、あけましておめでとうございます。
Img2a20100101084737
Img2b20100101084737







名古屋の日の出時刻は、7:01。

少し前に目が覚めたので、
パジャマのまま、
コートとブーツとカメラを身につけて、
外に出ました。

小雪のちらつく中、
家の前の遊歩道を散歩しました。

いつもの散歩のひとたちの姿も、
きょうはなく、
元旦の朝は、とてもしずかです。






おせちとお雑煮で朝ごはんです。

いつもとちがうごはんは、
なんだかうれしいものです。











ん?
これは食べものか・・・

Img3a20100103164546
Img3b20100103164546
Img3c20100103164546
Img4a20100103164546
Img4b20100103164546


テラスのベンチにつもった雪で、
念願の、雪遊び。

カンタがつくった、
サンタクロースの雪だるま。

手がつめたそう…
Img5a20100103164546
「あ〜ん。」

ワタシも、これ、よくやりました。
つもった雪を、ガブッとやったことも…
雪の味って、今でも、なんとなく思い出せます。

それにしても、こどもの考えることって、
今も昔も、同じなんだ。
Img20100103171902






いとこのツバサくん、1歳の誕生日。

ろうそくを、「ふーっ」する、ツバサを、
みまもる、「従兄」たち。

おかしを食べる手もとめて…
Img2a20100103171902
「餅背負い」の儀式?

床の間の御鏡さんを拝借。
風呂敷でつつんで、背負いました。

カメラマンと応援団。
手拍子と声援。
「ツバサ、がんばれ!ツバサ、がんばれ!」

大いに盛りあがりました。

…こんな儀式だっけ?


じっちゃん、ばっちゃんに誘われ、
知立の遍照院にいってきました。

ちょうどこの日は弘法さんの縁日で、
遍照院までの道沿いには、露天が並び、
とてもにぎやかです。

お面、わたがし、金魚すくい、おもちゃ…
といった、
こどもがよろこぶような露店は一切なく、
並んでいるのは、
金物屋、乾物屋、骨董屋、
肌着、野菜、毛糸…

それでも、こどもたちは、
気になるものをみつけては、
そばに寄っていき、
興味深そうに見ていました。



Img20100112175248
Img1b20100112175248
Img2a20100112175248
Img2b20100112175248




「鳩が豆鉄砲を食ったような」
というのは、
まさにこうゆうことでしょうか。

「チリンチリン」と、
ベルがなったと思ったら、
その直後に、「ポン!」
いやいや、「バン!」
ものすごい爆音と煙。

ポン菓子です。

びっくりして泣きだすかと思ったら、
この表情。

人は、あまりにもびっくりしたとき、
泣くことも、声をだすこともできないんだな、
きっと…
Img3c20100112175248
何を買うにも、時間がかかります。
ワタシとは正反対です。

結局、金物屋では、小刀を、
それから、帰り道に、バケツ一杯の落花生を買いました。

冬休みは明日で終わり。

いつもカンタに、
くっついてまわるフヅキ。
あさってからは、また、
ワタシとふたりきりです。

どんなにひどくいわれても、
なんど泣かされても、
一緒にいるのが、いいみたい。
Img4a20100112175248
Img4b20100112175248
Img4c20100112175248

きょうの晩ごはんは、メキシカンですよ。
Img5a20100112175248
Img5b20100112175248
Img5c20100112175248
Img20100112004342
くもり空の、寒い休日、
また、森へ、
ピクニックに出かけました。

いつものトンネルをぬけ、
落ち葉ぎっしりの、森の中へ、
すすんでいきます。
Img2a20100112004342
Img2b20100112004342
Img3a20100112004342
Img3b20100112004342




オレンジジュースと、
バニラシェイク。
とんでもないものを
えらんでしまった、
と思いながら…

ポテトとハンバーガーは、
カイロがわりに、
ずっと持っています。









初登場の、
「ブラジリアンハンモック」。
ブラジリアンとは、
とてもほど遠い気候の中、
ハンモックは、
とてもよく森になじんでいて、
すぐに息子たちの、
お気にいりになりました。

中に入っていると、
とってもあったかいんだって。
Img4a20100112004342
Img4b20100112004342
Img5a20100112004342
Img5b20100112004342
前回、つくった、
魔女のごはんの管理も、忘れずに。

もう少し、あたたかくなったら、
また来ようね。
Img20100117102447
テレビに夢中になりすぎ、
ひとりでお風呂にはいるハメになった、カンタ。

どうしているかなと、のぞいてみると、
意外にも、「ひとり風呂」を満喫中。

あ〜、極楽、極楽。
Img20100117105124
Img1b20100117105124


じっちゃん、ばっちゃんから、
京都の伏見稲荷の
お土産をもらいました。

きつねまんじゅう、
なかなかストレートで…
いいですね。

一匹足りないきつねさんは、
すでにフヅキの胃袋の中です…






もうひとつは、干支飴。

この色、
この感じ。

なんだか、かわいい。
最近、わが家の朝食に仲間入りをしたのが、
ケロッグシリーズ。
「チョコクリスピー」につづき、
いまは、2代目の「チョコワ」くんです。

見慣れない食べものに、
「チョコクリスピー」を完全拒否していたフヅキも、
「チョコワ」には、興味をそそられた様子で…
Img20100117112930
Img1b20100117112930
Img2a20100117112930












まずは、
汁(牛乳)だけ飲んでみる。






汁がなくなれば、こっちのもの。
スプーンより、手っ取り早い。
Img3a20100117112930
Img4a20100117112930
ごちそうさま。

Img20100119102905
日がすこし、長くなりました。
昔、細い三日月を「セクシー」だという友だちがいました。

今日、フヅキは、
じっちゃん、ばっちゃんの旅行についていきました。
いつも一緒にいるときには、
もし今、ひとりだったら、いろんなことができるのに…
と考えたりするのですが、
いざひとりになってみると、
意外と、何もできないものだなと気づきます。

と言いつつも、
「今日はフーチャンもおいしいものを食べているだろうからね。」
と、晩ごはんづくりを放棄し、
3人でぶらぶらと、近所の呑み屋まで、歩いていきました。



Img2a20100119102905


声を大にして言うことでもないのですが、
ワタシは、料理が苦手です。

結婚するとき、友だちがくれた、
『基本の和食 とりあえずこの料理さえ作れれば』
シリーズの4冊を、
来年、結婚10年を迎えるというのに、
いまだに手放せないでいます。

そんなワタシの、得意料理?のひとつが、
「キャベツサラダ」です。
キャベツ好きというのもあるのですが、
これは、かなりの頻度で、わが家の食卓に登場します。
Img3a20100119102905


WECKの容器、かなり優秀です。
ひっくり返しても、
シェイカーのようにふっても、
絶対に、もれません。

ざくざくと適当な大きさに刻んだキャベツと、
適当に調合したドレッシングを入れて、
あとは、ひっくり返したり、転がしたり、
ドレッシングをいきわたらせれば、できあがり。
この日の味つけは、
ワインビネガー、オリーブオイル、バジル、塩、胡椒、マヨネーズ。

あと、すし酢、オリーブオイル、ゆず胡椒、
なんて組み合わせも、なかなかいけますよ。
Img20100125165412
どういうわけか、このところ、
にわかに甘えん坊になった、フヅキ。

自分でのぼれるはずの階段も、必ず、「抱っこ!」
ワタシが先にあがろうものなら、
階段の下で、ずっと泣きつづけます。

自分でのぼってくればいいじゃん、
と思い、しばらくほっといてみたりするのですが、
そのあたりは、なかなか頑固。
ワタシが折れるまでは、絶対にあきらめません。
Img2a20100125165412
Img2b20100125165412


「ヒーローになる」と言って、
自分で、お面をつくった、カンタ。

いざ、装着!

あっ、目の場所、合ってない…。
(まぁまぁ、それはいいとして。)

お気にいりの、青い手ぶくろをして、
カーディガンをマントにして、
ヒーローのできあがり。









はい、ポーズ!
そのとき、階段の下に目をやると…

Img4a20100125165412
やっぱり…。

カンタのまねがしたくて、
マントだけは、ちゃっかり、装着していますが…

泣き虫ヒーローです。
Img20100130104837










そんな顔してごまかしたって、
内緒で、
アイスクリームを食べたことは、
もう、バレてるよ。
Img2a20100130104837








その口を見なくても、
全部わかってる。

カンタがソーダアイス、
フヅキがチョコアイスを食べたってこと。

カンタは、自分のすきなソーダアイスがなくならないように、
いつもフヅキには、
チョコアイスをわたすんだから。
Img3a20100130104837
参りました。
「おちょぼに行きます。10時頃迎えに行くわ。」
ばっちゃんからの誘いは、いつも突然です。
Img20100127153958
Img2a20100127153958
Img2b20100127153958










おっ!

























無事、生還。
スパイダーマンの帽子、
本当は、カンタのモノ。

カンタが幼稚園のあいだだけは、
フヅキの天下です。

カンタのおもちゃで遊ぶ。
カンタのつくったレゴを壊す。
カンタが描いた絵を破る。

でも、悪気はないのです。
カンタと同じことがしたいだけ。
でも、まだちょっと、不器用なだけ。

証拠隠滅は、ワタシのしごとですから。