Text Size : A A A
Img_7202d22d5ebc6512d11925149c28ed65
フヅキとキャッチボールをするようになった
父として念願のというわけでもなく
ただ何となくフヅキがやろうと言った

日曜日の夕方、洗車や庭の手入れを終えた父と
キャッチボールをした記憶
父はさっきまでの仕事の続きの様に
淡々と正確なストレートを投げた

今朝、妹からのメールが
今日が父の誕生日であることを知らせてくれた